選ばれる5つのポイント |幼児教室のEQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー東灘教室

選ばれる5つのポイント

POINT

楽しみながら活躍する力をつける!!
能力の基礎を育てる幼児教室です。

今、日本の教育が大きく変わろうとしています。センター試験が廃止される「2020年大学入試制度改革」や、参加型学習「アクティブ・ラーニング」の導入など……。時代が変わりつつある今だからこそ、30年の実績がある教育を体験してください。

ポイント1卒業生の活躍が証明する!
未来に伸びるチカラ

スポーツや芸術、あらゆる分野で活躍!

ますます関心が高まる幼児教育。でも一方で、「身に着けた力は、本当に大人になっても役に立つの?」と気になる方も多いことでしょう。ご安心ください!その効果は卒業生が実証済みです。大人になってからも卒業生は、スポーツや芸術など、あらゆる分野で大活躍。なかには、日本代表選手や女優さんや、音楽家なども!さまざまな分野で能力を開花できるのは、幼児期に可能性を広げたから。身に着ける“未来に伸びるチカラ”は、子どもにとって一生の財産です。

早ければ早いほど、
大きく伸びるチャンス!

  • 3歳までは「ゴールデンタイム」!
    昔から「三つ子の魂百まで」と言われるように、3歳は重要なターニングポイントです。脳は生まれたときからグングン成長します。なんと3歳児の時点で、重さは大人の約8割に!ほぼ脳の完成ともいえる3歳までの時期は、まさに一生に一度のゴールデンタイムなのです。 幼児コースは、0歳児から。年齢に合わせたプログラムで、才能をぐんぐん引き出します。
  • 働きかけで脳の回路が決まる!
    天才を育てるカギは、実は脳内の神経回路にあります。回路が増えることで脳の情報伝達がスムーズになり、賢い脳へと育つのです。脳内の神経回路は生まれた直後からどんどん形成され、3歳ごろには基本的な回路が完成。回路をたくさん作るためには、脳に心地いい刺激を与えてあげることが大切です。フラッシュカードや指先トレーニングなどのオリジナルメソッドを使って、回路を形成するための働きかけを行います。

ポイント2脳を鍛えて活性化!
能力のベースを築くプログラム

知識を詰め込む教育ではなく、能力を引き出す教育です。

2020年から、大学入試制度が大きく変わります。教育現場も、画一的な詰め込み教育から、主体性や思考力重視の教育へ。それぞれが持つ能力が問われる時代になると考えられています。 私たちは長年、能力を引き出す教育メソッドを研究し、実践してきました。脳科学に基づく信頼と実績の教育メソッドが、時代を生き抜く力を育みます。

「活きる力」を最大限に引き出す
EQWELメソッド

「活きる力」とは能力を伸ばし、活かし、活躍する力。脳を鍛え、心を育み、想いをかたちにする科学的メソッド。30年にわたり培ってきた教育をさらに進化させて、子どもたちの活きる力を最大限に引き出します。

  • 「脳と心を育てる」EQWEL Program
    脳を鍛える
    脳科学的見地から作られたプログラムで、6歳までに脳のベースを育てます。
    心を育てる
    親子の一体感を大切にしたレッスンと心理学をベースにした関わり方で、活きる力の土台となる心を育てます。
  • 「効果が見える」Data Science
    達成感を感じられるように、いつも少し先をいく取り組みで、好奇心と集中力を高め、脳と心の成長を促進。ママや子どもたちが成果を実感できるよう、サポートします。
  • 「保護者を支える」Parents Education
    子どもの成長には、保護者の関わり方がとても大切。安心して子どもに向き合えるように、個々の発達に応じたアドバイスとフォロー体制で、保護者のみなさまを支えます。

子どもの成長と取り組みのポイント

胎児期は、愛情たっぷりに語りかけ、思いを赤ちゃんに向けてあげましょう。おなかの赤ちゃんも、しっかり感じているのです。 0?3歳ごろはインプット優位期。大量・高速で脳に情報をどんどん入力する時期です。この時期は、内容の理解を求める必要はありません。 3?6歳ごろになると、思いついたり、ひらめいたりしたことを、表現していきます。作文、俳句、絵画など、思ったことを表現する取り組みをしていきます。 6歳?はアウトプット優位期。幼児期にインプットしたことを、日常生活で活用できるように、記憶・速読の訓練などをしていきます。

ポイント3認める ほめる 心を育てる
学ぶ意欲を育てるレッスン

目先の賢さを目指す教育ではありません。
「学ぶ意欲」を育てる教育です。

幼児教育というと、いわゆる“お受験”を見据えた「知識詰め込み型」を想像する方もいるかもしれません。私たちが重視するのは、目先の賢さではありません。脳を鍛え、心を育て、「学びたい!」という意欲を引き出すレッスンが特長です。

楽しい子育て8か条
「うまくここちよく」

    生まれてきてくれたことに感謝する
    出産の時は子どもが生まれてきてくれたことに自然に感謝できたことと思います。その初心に返ることで、今の子どもの姿も丸ごと受け止められるようになります。

    毎日の変化と成長を楽しむ
    子どもは日々急激に変化し、成長しています。その過程で目についたことを叱るのではなく、ゆったりと子どもを見守り、成長を楽しみましょう。

    比べない
    他人と比較してほめられても、けなされても、子どもは自己肯定できません。もし比べるなら、その子自身の昔と今を比較しましょう。

    心と体と脳をバランスよく育てる
    心だけ、体だけ、頭だけを育てるのは不可能です。すべてはつながっています。どれもバランスよく育てると、将来的には伸びしろが広がります。

    子どもの未来を明確にイメージする
    子どもの未来を明確にイメージすると、実現しやすくなります。子どもの「今」の姿は途中経過であると見て、将来に希望を持って育てましょう。

    ちょうど良い加減に関わる
    子育ての難しさは、このちょうど良い加減です。関わらなさすぎても、過保護でも、うまくいきません。自分でかたよっているかなと感じたら、ちょうど良い加減を目指しましょう。

    良いところをいつもさがす
    良いところが見つかれば、ほめたくなりますし、叱らなくても済みます。子どもの良いところに目を向け続ければ、子どもの自己肯定感が高くなります。

    繰り返し愛を伝える
    愛情を伝えるには、タイミングや伝え方など、相手がどのように受け取るかが大切です。1度言うだけで伝わるものではないので、毎日繰り返し子どもに伝えるようにしましょう。

ポイント4一人ひとりの個性を伸ばす
少人数クラス・専任講師

子どもに寄り添う、専門家の徹底サポート!

子どもの発育や個性は十人十色。一人ひとりの個性に合わせた指導ができるよう、少人数クラス・専任講師制を採用しています。
ご家庭だけでは見過ごしがちな、お子さまの些細な成長を確実に引き出します。

少人数制レッスンで、
小さな成長も見逃さない充実サポート

認定講師は、幼児教育のプロフェッショナル。レッスン後の交流タイムには、子育ての悩みに対して適切なアドバイスを行います。

ポイント5遊びながら学ぶ、オリジナル教材

飽きさせない独自の工夫で能力がしっかり定着

遊び感覚で学べる工夫がいっぱい

子どもの好奇心をふくらませるには、「楽しい!」も重要な要素です。「遊びながら学ぶ」をテーマに、脳と心を刺激する年齢ごとのオリジナル教材を提供しています。どの教材も、子どもがワクワクする工夫がいっぱい!楽しみながら、知能や記憶力をアップさせることができます。

たくさんの教材でテンポの良いレッスン

まだ集中力が続かない幼児期の子どもたち。どんなに優れた内容のレッスンも、子どもが飽きて、そっぽを向いてしまっては意味がありません。そこで教室では、たくさんのオリジナル教材をご用意。次々と新しい取り組みを行って、レッスン中飽きさせません。たとえば、1秒に2枚以上の高速スピードで、数百枚のカードを見せる「フラッシュカード」や、数の仕組みを楽しく学べる「百玉そろばん」、そして短い文章の書写から始めるなど。たくさんの独自教材を使ってテンポよくレッスンを進めるから、知能や記憶力が着実に伸びていきます。

top